遺伝の規則性と遺伝子(メンデル遺伝の検証)

中3

生命

教材一覧遺伝の規則性と遺伝子(メンデル遺伝の検証)

単元 生命の連続性 「遺伝の規則性と遺伝子」

目標 身近な生物についての観察、実験を通して、生物の成長と殖え方、遺伝現象について理解させるとともに、生命の連続性について認識を深める。交配実験の結果などに基づいて、親の形質が子に伝わるときの規則性を見いだす。

準備

  • 遺伝カード

    青色2枚、透明2枚
  • ファストプランツ (Purple Stem変異体)

観察・実験

【事前準備】

ファストプランツ(Purple Stem変異体)の種子を授業日の2~3日前にまいておく(手順は後述)。播種から2~3日後に観察する。それ以上の日数が経過すると、胚軸の色の判別が困難になる。

【基本事項の確認】「親の形質は子や孫にどのように伝わるのだろうか?」

・形質:生物の特徴となる形や性質のこと

・遺伝:親の形質が子や孫の世代に現れること

【実習1】遺伝カードを使った活動
■子の世代、孫の世代への形質の伝わり方について遺伝カードを使ったモデル実験をおこなう
2人1組になりそれぞれが青色と透明のカードを一枚ずつ持つ

①純系の組み合わせをそれぞれ持つ

②それぞれが1枚ずつカードを出し、子の世代でどのような色の子、どのような組み合わせがあるのかを考える。

③さらに孫の世代で、どのような色の子ができるのか、どのような組み合わせがあるのかを考える。

15分

【実習2】ァストプランツ Purple Stem変異体の孫の形質の観察
■孫での形質の現れ方の比が3:1になっていることを、実際の植物の観察を通して確かめる。

①各班に30個程度のファストプランツ(Purple Stem変異体)の種をまいておいたシャーレを配布する。

②胚軸の色を観察し、紫色と緑色のそれぞれの数を数える。

③各班の数を合計し、紫色と緑色の出現割合を算出する。

20分

【まとめ】

5分

豆知識


豆知識

ファストプランツ(Brassica rapa)

1980年代にアメリカのウィスコンシン大学Paul Williams博士らによって、開発されたアブラナ科の教育用モデル植物。その特徴として、生活環が短いこと、小型で栽培が容易であること、胚軸(子葉と幼根の間にできる茎状の部分)の色などで、形質の違いを判断できる変異体があることなどがあげられる。
購入は以下のホームページから可能。
ファストプランツ日本語HP:http://www.fastplants.jp/

実験レポ