電流がつくる磁力(コイルの作り方 100回巻き、50回巻き)

小5

エネルギー

教材一覧電流がつくる磁力(コイルの作り方 100回巻き、50回巻き)

単元 電磁石の性質

目標 電流の流れているコイルは鉄心を磁化する働きがあり、電流の向きが変わると電磁石の極も変わることを理解する

準備

  • エナメル線 (ナリカ 褐色エナメル線「 ハガセール」(直径0.35㎜ x 14 m x 10個入りなど)

    2.3m
  • ストロー (折り曲がる、直径6㎜)

    1本
  • くぎ (75㎜)

    1本
  • 割りばし

    1本
  • 紙やすり

    適量
  • セロハンテープ

    適量
  • はさみ

    1本

観察・実験

ストローのじゃばらから6㎝で切る。

折り曲げたじゃばらの部分にくぎをつきさして、穴を開け(※実験するときにくぎが抜けない)、釘をぬいておく。

ストローに割りばしを入れ、持ち手を作る(※エナメル線を巻くときに割りばしを持ち手にする)。

ストローの先にエナメル線を10cm程度残してセロハンテープでとめる。

エナメル線を巻く(上記の材料で作ると、100回巻が約4㎝、50回巻が約2㎝になる)。50回巻の余ったエナメル線は工作用紙などに巻いておく。

巻き終わりのエナメル線をセロハンテープでとめる。エナメル線のはしを1㎝くらい紙やすりでけずる。割りばしを抜き、くぎをもどす。

注意事項

●エナメル線は50・100回巻きとも2.3-2.5 mに切っておく

●50回巻きの導線を短く切ると、抵抗が小さくなり、回路に流れる電流が大きくなってしまう。あまった導線は工作用紙などに巻いておく。

資料

 

実験レポ