傘袋ロケット

小3

エネルギー

教材一覧傘袋ロケット

単元 風とゴムの力の働き

目標 かさ袋ロケットを作って飛ばす。風やゴムの力を利用して、より遠くまで、(まっすぐ)飛ぶロケットにするためにはどうしたらよいか考える。

準備

  • かさ袋 (厚さ 0.01mm、なるべく薄くて軽いもの)

  • 付箋 (強粘着で大き目なものがよい)

  • 輪ゴム

  • セロハンテープ

  • 油性ペン

  • はさみ

  • メジャー

観察・実験

【導入】風やゴムは物を動かす力があることを復習
【学習課題の確認】「かさぶくろロケットを作ってとばそう」

10分

【実験①】かさ袋ロケットの組み立て

材料の配布
 →かさ袋に自分の名前を油性ペンで書く

かさ袋に空気を入れる(風をうまく利用するには?)、なるべくたくさん空気を入れて口を縛る
 ⇒ 飛ばしてみよう

付箋を切ってつばさを作り、ロケットにつける
 ⇒ 飛ばしてみよう

先端に重り(付箋)をつけたり、つばさの位置を変えたりして、よく飛ぶロケットに改造しよう
 ⇒ 飛ばしてみよう

25分(35分【90分授業】)

【実験②】

ゴムの発射装置を作ろう

【実験③】

かさ袋ロケットを飛ばそう[個人]
 ⇒ 飛ばしてみよう

(10分【90分授業】)

【話し合いと発表】

より遠くへ飛ぶロケットにするにはどんな工夫ができるだろう[班]
例:ゴムを長くする、ロケットを長くする、頭を重くしてバランスを取るなど・・・。

【実験④】

班で工夫したかさ袋ロケットを飛ばそう[班]⇒飛ばしてみよう ※エアポールの演示など

(25分【90分授業】)

【結果とまとめ】

風やゴムの力を利用して、かさ袋ロケットを飛ばした。

10分

参考

注意事項

人にむけて飛ばさない。広くて見通しのよいところで飛ばす。

実験レポ