サーモ寒天による水のあたたまりの観察

小4

粒子

教材一覧サーモ寒天による水のあたたまりの観察

単元 物のあたたまり

目標 水は熱せられた部分が移動して全体が温まること

準備

  • 粉寒天

  • サーモインク

  • ビーカー

  • 茶こしネット (2㎜程度の網の目のもの。100均で購入可。)

  • シャーレ

  • 爪楊枝

  • ガスコンロ

  • 電子レンジ (サーモ寒天の加熱用)

観察・実験

サーモインクを水で2~5倍に希釈する。

通常の25倍希釈では寒天化した際に色が薄く、温度による色変化が大変見づらい。

希釈したサーモインクに寒天を濃度約1.5%になるように加え、電子レンジ等を用いて加熱して溶かす。

加熱が不十分だと寒天の密度にバラツキが生まれ、水中での寒天の動きが分かりづらくなる。

電子レンジでは吹きこぼれないように注意しながら1分以上沸騰させる。

水平な場所で厚みが2-3㎜程度になるようシャーレに流し、冷ます。(サーモインクが青色に変わる)

固化した寒天を網目のサイズ2㎜の網の上にのせ、指でおしつぶして網目をくぐらせ2㎜角のマーカーを作る。

加熱する水を入れたビーカーの上で行うと良い。

サーモ寒天の入ったビーカーの片側を弱火で加熱する。

加熱した場所の寒天が青からピンクに色を変化させて上昇し、また上部で冷えるとピンクから青に変わり沈降する様子がみられる。

実験レポ

関連記事