発熱材による水のあたたまり

小4

粒子

教材一覧発熱材による水のあたたまり

単元 物のあたたまり

目標 水は熱せられた部分が移動して全体が温まること

準備

観察・実験

【準備】

・透明スタンド袋やビーカーが発熱材の蒸気により曇るため、曇り止めとして例えば台所用洗剤(界面活性剤)を少量、ティッシュペーパーにとり、袋の内側とビーカーの外側を拭いておくと良い。
・ビーカーに水を100mL入れておく。

【実験】

①透明スタンド袋をしっかり広げて立たせたら、発熱材を袋から取り出し、袋の底に敷く。
②プラスチックビーカーの水を20mL、発熱材の上にそそぐ。(発熱が始まります)
③残りの水の入ったビーカーを発熱材の上に置く。
④ビーカーにサーモインク(40℃で青色からピンク色に変化)を数mLたらす。

5分

豆知識

  • アルミニウム発熱材について
    主原料はアルミニウム粉末と酸化カルシウム粉。水との化学反応熱を利用しており、反応開始後1分もせずに最高温度約98℃に達する。本材はレストランや弁当などの食品の加熱で使われている他、近年では防災グッズとしても使われている。発熱に必要な水の量は発熱材の分量に対して、2倍程度の水が適している。本教材で使用したアルミニウム発熱材「エディックスーパーヒート」(株式会社エネルダイン)の詳細情報は以下のページを参照ください。
    http://www.edyc.jp/products/index.html
  • 透明スタンド袋について
    近年、食品のレトルト用に使われている加熱殺菌ができる袋。素材はPETで、120℃×30分に耐えられる。詳細は製造元である明和産商の下記ページを参照ください。
    https://www.packweb.biz/category/view/id/4560/

参考文献

  • 大崎章弘,貞光千春,榎戸三智子,千葉和義,減災どこでも理科実験パッケージの開発と検証 小学校「水の温まり方」単元のための火気を用いない加熱器具の開発,日本理科教育学会第67回大会論文集,p.420,2017年8月

実験レポ

関連記事